【ネタバレ】呪術廻戦 第159話「裁き」あらすじ、ネタバレ

20230610 3 1 2

週刊少年ジャンプに掲載されている呪術廻戦 第159話のネタバレ、感想です。

前回の記事はこちらです。伏黒、虎杖、パンダ、秤金次と星綺羅羅で死滅回游の平定について話をしていると、突然コガネがルール追加のアナウンスを始めます。

【ネタバレ】呪術廻戦 第158話「コガネ」あらすじ、ネタバレ

 

スポンサーリンク

弁護士としての日車寛見

刑事裁判の弁護

日車寛見は容疑者・大江圭太の弁護する為に、事件前後の話を聞いています。日本の刑事事件の有罪率は99.9パーセントで、ほとんど起訴されると有罪ですが、それでも日車は弁護を担当するようです。大江は急に警察の人が話しかけてきて、2人、3人と増えていったのでその場から逃げたようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

殺人事件の概要

大江は猫を飼っていて、その場で捕まったら猫が死んじゃうと思ったようです。大江が住んでいる自宅は猫を飼ってはいけないルールなので、他に大江が猫を飼っている事を知っている人もいなかったようです。事件は岩手県盛岡市で2016年3月に、女児とその母親計2名の刺殺体が自宅で見つかりました。大江は巡回中の警官からの職務質問中に逃亡し、自宅に駆け込んだ所を追いかけてきた警官が血の付いた刃物を発見して、現行犯逮捕したようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

刃物の血痕と被害者のDNAはDNA鑑定で一致しています。大江は一貫して犯行を否認していて、証拠となった刃物も拾ったものだと言っています。その話を日車から聞いた助手の清水は、それは無理があるでしょう~、と言い、大江の言い分を信じようとしません。しかし、日車は、大江の知人が昔薬物を使用していた事が原因で不当な聴取を受けた事があり、それがトラウマとしてあったのなら、ありうると言います。血の付いた包丁も後で届けるつもりだったと大江は言い、日車は理由として大江が住み込みで働いているNPO法人を挙げます。このNPO法人はかなりブラックな法人のようで、大江はそこでかなり不当な扱いを受けていたようです。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

限りなくクロに近いNPO法人

住み込みになっている場所の入居者には前科のある者も少なくなく、さらにNPO法人が作ったルールとしてパトカーや救急車を呼んではいけない決まりがあり、それで凶器の提出が遅れてしまった、と大江は日車に話しています。このNPO法人は限りなくクロに近いグレーな団体で、大江が住んでいる自宅に凶器が落ちていても意外じゃない、と日車は言い、大江がシロの可能性は十二分にある、と判断し清水に事件の調査を命じて弁護を進めます。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

清水は、国選なんてギャラ安いくせにやること多いし、世論は有罪一色だし、等と心の中で不満を言い、何でこんな案件受けたんですが、と日車に不満を言います。日車は、たまにはいいだろう、楽な仕事ばかりじゃ腕が鈍る、と言いますが、それだけが理由ではないようです。清水は日車の知り合いの高木に会い愚痴を言うと、高木は昔 日車が担当した危険運転致傷の事件を清水に教えてくれます。その事件は飲酒運転でしたが、被告人は職場の人達に強要されたもので、関係者に口裏合わせをやられて示談金を用意できず、執行猶予も取れませんでした。執行猶予が取れず被告人から、嘘つき、と逆恨みされてしまい、高木はもう無理筋の刑事事件を止めるように日車に言います。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

それでも日車は、経済的にも精神的にも追い詰められた彼らが、私に当たるのも無理はない、と被告人を擁護し止めようとしません。高木は、君の精神(こころ)はどうなるのさ?と、日車に問いかけます。そして、場面は大江圭太の弁護をしている日々に戻ります。日車と清水は大江の無罪を勝ち取る為、調査に忙しくしていました。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

一審判決は無罪

そして一審判決の日、大江は無罪を言い渡されます。驚く清水ですが、日車は検察が控訴してくることを予想し気を引き締めます。世論は無罪判決に否定的ですが、無罪になった大江は日車に感謝します。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

控訴審(二審)は無期懲役

俺を信じてくれてありがとう、と大江は涙を流しながら日車寛見に感謝しますが、続く控訴審(二審)の判決は有罪、無期懲役でした。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

二審で検察側から新規の証拠は提出されなかったのですが、「行方不明者の犯行と疑う理由はない」と無茶な事実判定が下され、判決が覆りました。三審の最高裁は狭き門で、上告はほぼ退けられると予想され、二審の無期懲役で確定の可能性が非常に高いようです。

日車はこの裁判を、はじめから有罪ありきの裁判、と感じていました。そして、大江は昔逆恨みした危険運転致傷の被告人と同じような目で日車をじっと見つめます。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

場面は過去の日車と高木の会話に戻り、君の精神(こころ)はどうなるのさ?という高木の問いかけに、日車は弱者救済など掲げていないと答えます。昔から自分がおかしいと感じた事は放っておけない性分なだけで、正義の女神が法の下の平等のために目を塞ぎ、人々は保身のために目を瞑るなら、自分だけは縋りついてきた手を振り払わない様に目を開けていたい、と日車は高木に話します。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

場面は法廷に戻り、裁判官が法廷を去ろうとする中、日車は木槌を突然どこからか取り出し鳴らしだします。隣で戸惑う清水の問いかけには答えず、日車は全員に戻るように命令します。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

式神のようなものが現れる

怒りの表情を浮かべながら日車は裁判のやり直しを命令し、その後ろには式神のようなものが現れます。

© 芥見下々 呪術廻戦 159話より

まとめ

第158話で伏黒がコガネに100以上のプレイヤーだけをリストアップさせましたが、その中に名前があった日車寛見の過去話です。過去話で日車は無理筋の刑事事件でも弁護をしていましたが、何度も自分が弁護する被告人が有罪になってしまい、その被告人から逆恨みされた様な目で見られて、次第に歪んでいってしまったようですね。最後に式神のようなものが現れていたので、何か術式が日車に発現したんでしょうが、102点獲得したのはこの術式で術師か非術師を狩りまくった可能性が高いですね。

次回、仙台に仙台結界(コロニー)が現れ、好戦的な者はすぐに殺し合いを始めます。

【ネタバレ】呪術廻戦 第160話「結界(コロニー)」あらすじ、ネタバレ

最新刊22巻を購入される方は、こちらから。

呪術廻戦 22

posted with ヨメレバ

芥見 下々 集英社 2023年03月03日

楽天ブックス

Amazon
Kindle

発売中のコミック22巻のネタバレ、感想も書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 22巻 桜島結界-転生- のネタバレ、感想

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x