【ネタバレ】アニメ 呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変 #38「揺蕩」のネタバレ、感想

20231027 1 1 1

TVアニメ 呪術廻戦 第2期「懐玉・玉折/渋谷事変」のネタバレ、感想です。詳しい内容は、TV放送だけでなくABEMA等のネット配信でも視聴出来ます。

前回、#37の記事はこちらです。

【ネタバレ】アニメ 呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変 #37「赫鱗」のネタバレ、感想

スポンサーリンク

#38「揺蕩」

特級特定疾病呪霊・疱瘡神の領域展開から脱出した冥冥ですが、領域の必中効果で再び棺桶に拘束・墓石で埋葬されてしまいます。3カウント以内に脱出しましたが、あと2回もくらえばいつもの動きが出来なくなると感じた冥冥は、憂憂とある策を講じます。

20231027 1 1

憂憂が呪力を解放すると同時に冥冥が呪力を抑え、疱瘡神の墓石攻撃が憂憂に向かうように仕向けます。憂憂は一度でも墓石攻撃をくらえば死んでしまう危険がありますが、憂憂は冥冥から役割を頼まれると、即座にその役割を引き受けます。憂憂は疱瘡神の攻撃を引き受けますが、シン・陰流「簡易領域」によって疱瘡神の領域の必中効果を無効化し、墓石攻撃を無効化します。

20231027 2 1

術式「黒鳥操術」、バードストライク

疱瘡神が自分の攻撃が無効化されて戸惑っている間に、冥冥が疱瘡神を攻撃、さらに術式「黒鳥操術」、バードストライクで疱瘡神に止めを刺します。バードストライクは烏に自死を強制し、その代価として烏の呪力制限を消し去り相手に体当たりさせるもので、五条悟を除いてバードストライクを防げた人間ははいないほど強力な技です。冥冥と憂憂は偽夏油と対峙、偽夏油との戦闘が始まります。

20231027 3 1

真希、直毘人と合流した七海は、地下五階で真人達と一緒にいた正体不明の呪霊と遭遇します。直毘人は術式「投射呪法」を発動し、速攻で呪霊を攻撃しますが、呪霊は大量の人骨を吐き出すと呪胎から人型に変態を遂げます。

20231027 4 1

特級呪霊・陀艮

呪霊は陀艮と名乗り、漏瑚や真人と同様特級呪霊で、大量の水を生み出し操る術式を使い直毘人、七海、真希を押し流そうとします。陀艮の出した大量の水をかわした直毘人は、術式「投射呪法」で陀艮の速度を圧倒し、何度も攻撃しますが陀艮の果てしない体力を前にほとんど削ることが出来ません。それでも直毘人は「投射呪法」を使い、速度で圧倒し陀艮に術式を発動させる隙を与えません。

20231027 5 1

領域展開・「蕩蘊平線(たううんへいせん)」

陀艮が領域「蕩蘊平線(たううんへいせん)」を展開すると、ビーチのような風景が広がり魚の式神が直毘人、七海、真希を襲います。七海と真希は魚の式神の攻撃をくらってしまいますが、直毘人は秘伝「落下の情」で魚の式神を倒します。

20231027 6 1

しかし、この攻撃は陀艮の小手調べで力を直毘人に7、七海に3の割合で調整すると、術式「死累累湧軍(しるるゆうぐん)」を開放し、大量の獰猛な魚の式神を召喚します。際限なく湧き出る式神の攻撃が領域の必中効果で確実に当たり、直毘人と七海はなす術がなく一方的にやられてしまいます。

20231027 7 1

直毘人と七海は魚の式神の攻撃にのまれて姿が見えなくなり、真希は陀艮に手加減された攻撃を避けるだけで精一杯です。陀艮から一番弱いと言われ怒る真希ですが、そこに伏黒が現れ領域「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」を展開、さらに真希に特級呪具・游雲を届けます。

20231027 8 1

伏黒と陀艮の領域が綱引きをしている状態になった事で、死累累湧軍の必中効果が消えて七海、直毘人、真希は何とか魚の式神に対応できるようになります。陀艮は再び、死累累湧軍の必中効果を得ようと伏黒を狙いますが、七海、直毘人、真希が伏黒を守り陀艮の攻撃は伏黒に届きません。

20231027 9 1

ここで伏黒は七海に、陀艮の結界に穴を開けて領域の外に脱出する作戦を伝えます。七海が直毘人と真希に集合と叫び、直毘人と真希もすぐにその意図を理解し、領域外への脱出という作戦に応じます。陀艮は伏黒と領域の押し合いをしていると思っていたので、最初は伏黒の護りを固める意図だと勘違いしますが、すぐに領域外への脱出という意図に気付き邪魔をしようとします。

20231027 10 1

伏黒の足元に空いた穴から領域外へと全員で脱出しようとしますが、そこにオガミ婆を殺して行方が分からなくなっていた禪院甚爾が突如、乱入してきます。

20231027 11 1

まとめ

#38の内容は原作だと、12巻102話「渋谷事変⑳」と、12巻106話「渋谷事変㉔」から13巻109話「渋谷事変㉗」までになります。

【ネタバレ】呪術廻戦 12巻 渋谷事変-降霊- のネタバレ、感想

【ネタバレ】呪術廻戦 13巻 渋谷事変-霹靂- のネタバレ、感想

#38では、冥冥・憂憂と疱瘡神との戦い、そして、七海、直毘人、真希と陀艮との戦いが行われます。

疱瘡神は領域展開を使う強敵ですが、冥冥・憂憂の連携で、領域を無力化し、術式「黒鳥操術」、バードストライクで疱瘡神を倒します。

七海、直毘人、真希と陀艮との戦いですが、人型となった陀艮は領域展開「蕩蘊平線」や術式「死累累湧軍」を使い、七海達を圧倒します。三人がかりでも陀艮にやられそうになりますが、伏黒が領域を展開、陀艮の領域の必中効果を打ち消すことで、何とか陀艮の魚の式神に対応できるようになります。その後、伏黒の作戦で陀艮の領域外へと脱出しようとしますが、そこに禪院甚爾が突如、侵入してきて、伏黒の作戦を邪魔します。いきなりの侵入者に七海達は戸惑うでしょうが、禪院甚爾が苦戦する七海達の所に乱入してきました。禪院甚爾を知っているのはあの場では禪院家当主・直毘人ぐらいですが、息子の伏黒恵に会って禪院甚爾がどう反応するか、気になります。

懐玉・玉折/渋谷事変 #39「揺蕩-弐-」

懐玉・玉折/渋谷事変 #39「揺蕩-弐-」の記事です。

【ネタバレ】アニメ 呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変 #39「揺蕩-弐-」のネタバレ、感想

アニメ 呪術廻戦 第2期 「懐玉・玉折/渋谷事変」のまとめ記事を書いています。

【ネタバレ】呪術廻戦 「懐玉・玉折/渋谷事変」、7月6日から放送開始、単行本あらすじも紹介

Related Posts