【ネタバレ】葬送のフリーレン 第11巻のネタバレ、感想

20230916 1 1 1

週刊少年サンデーに掲載されている葬送のフリーレン 第11巻のネタバレ、感想です。

11巻は、第98話から第107話までが掲載されています。

前巻、10巻のあらすじ、ネタバレはこちらの記事です。

【ネタバレ】葬送のフリーレン 第10巻のネタバレ、感想

スポンサーリンク

11

20230916 1 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第98報い

黄金に変えられてしまったデンケンは夢の中で、妻のレクテューレと会話をしていました。夢の中でレクテューレから、最後まで醜く足搔くんでしょ?と、言われたところで、デンケンは目を覚まします。フリーレンは万物を黄金に変える魔法(デイーアゴルゼ)の解除方法を見つけ、黄金に変えられたデンケンの解除に成功し、さらにデンケンに防護魔法をかけて万物を黄金に変える魔法(デイーアゴルゼ)が通用しないようにします。しかし状況はあまり良くなく、フリーレンとデンケンはすぐにマハトとソリテールに捕捉されてしまいます。

20230916 2 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第99攻防

マハトの願いの行き着く先は人類の絶滅だと理解したフリーレンは、この場でマハトを殺す決意をします。すると、デンケンはマハトを倒す役割は自分にやらせて欲しいと言い、デンケンがマハトの相手をし、フリーレンはソリテールを叩き潰すことにします。ソリテールはフリーレンを黄金郷から引き離してデンケンと連携できないように分断し、その上でフリーレンとの会話を楽しみながら戦いを行います。

20230916 3 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第100魔法使いの基礎

ソリテールはフェルンとシュタルクを殺したと言い、フリーレンを挑発しますが逆にフリーレンの逆襲にあってしまいます。自分がやっていた魔力をぶつけるだけの攻撃をフリーレンに真似され、攻撃をくらってダメージを負いますが、ソリテールは殺し合いをするこの状況を素晴らしい、と言って笑みを浮かべます。そして戦いが激化したこの状況でも、フリーレンと会話をしようとします。

20230916 4 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第101打開策

デンケンが使う人を殺す魔法(ゾルトラーク)がマハトに当たり始め、マハトは自分が知る人を殺す魔法(ゾルトラーク)とは最早別物なのだと知ります。マハトは人類の魔法の歴史そのものが自分の相手なのだと気付き、デンケンに対して本気の攻撃を始めます。マハトは自分の回り無数の金片を出現させ、無数の金片による大質量攻撃をデンケンに仕掛けます。

20230916 5 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第102相打ち

フリーレンは確証はありませんでしたが、フェルンとシュタルクは生きていてソリテールには殺されていないと信じ、ヴァイゼにかけられた黄金郷の呪いを解析し、黄金郷を元通りにします。ヴァイゼ全体の黄金郷の呪いが解除された事で、黄金に変えられていたフェルンとシュタルクの解除も行われていました。フェルンはソリテールに気付かれないように潜伏しながら移動し、フェルンは魔力探知範囲外からソリテールを長距離射撃し、胴体を撃ち抜きます。

20230916 6 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第103報いの時

ソリテールは死に、マハトもデンケンに高圧縮の人を殺す魔法(ゾルトラーク)をくらい胸に穴が開くほどの重傷を負います。まだフリーレンがいると冷静に状況を分析し、マハトはその場を離れて立て直そうとします。

20230916 7 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

ソリテールとの会話を思い出しながら、魔族の自分を無様なものだ、とマハトは自虐的に言います。知らない感情のためなら、人類との共存のためなら、報いを受けるためなら、死んでもいいと考えていましたが、マハトは他の魔族と同じように無様に逃げていました。自信を自嘲しつつもマハトは逃げ続けますが、その先には黄金の呪いから解放され元に戻ったグリュックが待ち構えていました。マハトは自分も報いを受けるときが来たのだと直感します。

20230916 8 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第104墓参り

マハトとの戦いは終わり、相討ちで瀕死の重傷を負っていたデンケンですがヴァイゼの教会で手当てしてもらい一命をとりとめていました。フリーレンは傷も癒えていて、シュタルクも体調が良いようで既にスクワットが出来るようになっています。しかし、シュタルクの相変わらずの頑強さと回復力にフリーレンとフェルンは引いていて、シュタルクの化け物のような体の頑強さをひそひそと話をしています。フリーレンはフェルンの傷が完治するまで、ヴァイゼの街で魔導書や魔道具の買い物を楽しむことにします。

20230916 9 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第105ゴーレム

勇者ヒンメルの死から31年後、北部高原、エルンスト地方の農村にフリーレン達はたどり着きました。ヴァイゼの街を出てからあと少しで北部高原を抜けて、北側諸国最大の国・帝国領へと入ります。途中の農村で宿を取ることにしたフリーレン一行ですが、村人から畑を荒らし家畜や野生動物を殺す魔物をどうにかして欲しいと頼まれます。フリーレンは、紙飛行機を遠くに飛ばす魔法の魔導書に釣られて依頼を引き受けますが、畑を荒らしていたのは魔物でなくゴーレムでした。

20230916 10 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第106天脈竜

勇者ヒンメルの死から31年後、北部高原、ヴィッセン山脈を登るフリーレン一行の前に、薬草家が現れます。薬草家は空から落ちて来る見た事のない木の実がどこから来るのか、謎を解いて欲しいと依頼されます。フリーレンは村人が晴天の時に空を飛ぶ竜の影を見たという話をシュタルクから聞き、ある竜が関係しているのではと思いつきます。

20230916 11 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

第107女神の石碑

勇者ヒンメルの死から31年後、北部高原、キーノ峠の関所で入国審査を行おうとしますが、フリーレン達は三週間待ちと言われてしまいます。フリーレンは待っている間に行きたい場所があるとフェルンとシュタルクに言い、昔ヒンメル達と立ち寄った女神の石碑へと向かいます。

20230916 12 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

昔、フリーレンは女神の石碑に込められた魔法を解析しようとして、詳しく調べられなかったので、今回あらためてリベンジしようと考えていました。女神の石碑まで何とか辿り着き、早速フリーレンは女神の石碑を解析します。すると、崩れた石碑が元の石碑の状態に戻り、周りが荒地から花畑に変わるなど不思議な現象が起こります。そして、死んだはずのヒンメル、ハイター、別の場所にいるはずのアイゼンがフリーレンの前に現れます。

20230916 13 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

おまけ シュタルクに甘えるフェルン

第102話でフェルンは、魔力探知範囲外からソリテールを長距離射撃で撃ち抜き、仕留めますがその後、魔力切れで落下してしまいます。魔力切れなので仕方ないですが、シュタルクに甘えて、運んで、と甘えています。7巻で一度はデートをしていますが、この二人の仲はいつになったら進展するんでしょうか?

20230916 14 1

© 山田鐘人・アベツカサ 葬送のフリーレン 11巻より

まとめ

11巻では、黄金郷のマハト編が完結、二つのエピソードを挟んで、新しい長編シリーズが始まります。

フリーレンはついに、万物を黄金に変える魔法(デイーアゴルゼ)を完全に解析し、呪いを無効化します。万物を黄金に変える魔法(デイーアゴルゼ)を解除できるようになったフリーレンを活かして返すわけにはいかなくなり、マハトとソリテールはフリーレンを殺そうとします。

マハトと因縁のあるデンケンはマハトの相手を買って出て、フリーレンはマハトをデンケンに任せ、自分はソリテールの相手をします。最後、デンケンは相討ち覚悟でマハトに高圧縮の人を殺す魔法(ゾルトラーク)を当てて、見事マハトに致命傷を与えます。

ほとんどの攻撃を防がれて苦戦するフリーレンは、フェルンとシュタルクが生きていると信じてヴァイゼ全体の黄金郷の呪いが解除、黄金に変えられていたフェルンとシュタルクが元に戻り、フェルンがソリテールの隙をついて長距離射撃で致命傷を与えて、フリーレンが止めを刺します。こうしてヴァイゼは約50年振りに黄金の呪いから解放されて、黄金郷のハマト編は完結します。

そしてフランメの作ったゴーレム、天脈竜のエピソードを挟んで、新しい長編シリーズが始まります。フリーレンは昔、詳しく調べられなかった女神の石碑を解析しようとしますが、約80年前の過去に飛ばされてしまいます。そこでフリーレンは、過去の勇者ヒンメル一行と再会します。フリーレンは無事に過去に帰還することが出来るでしょうか?歴史が変わるなど、面倒くさい事にならなければいいのですが…。

次巻、12巻のネタバレ、感想はこちらの記事です。

【ネタバレ】葬送のフリーレン 第12巻のネタバレ、感想

アニメ 葬送のフリーレンのまとめ記事を書いています。

【ネタバレ】TVアニメ「葬送のフリーレン」、9月29日より放送開始、単行本あらすじも紹介

11巻、コミックの購入はこちらからどうぞ。

9784098527694 1 5 6

impression 258

葬送のフリーレン(11)

impression 258

posted with ヨメレバ

山田 鐘人/アベ ツカサ 小学館 2023年09月15日

楽天ブックス

impression 258

Amazon
Kindle

Related Posts