ワンピース

特殊な種族存在の意味は?|ワンピース考察

特殊な種族存在の意味は?|ルナーリア、バッカニア、三つ目族 特殊な種族存在の意味は?〜ルナーリア、バッカニア、三つ目族〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では特殊な種族の存在の意味についての考察を 特殊な種族存在の意味は?|ルナーリア族とバッカニア族について   特殊な種族存在の意味は?〜ルナーリア、バッカニア、三つ目族〜 甲塚 第1095話では、くまがバッカニア族だと判明しましたが、ONE PIECE世界には特殊と呼べるような種族が存在しますよね… その存在にはどんな意味があるのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   ルナーリア族とバッカニア族について 過去にも色々と書かせて頂きましたが、個人的にルナーリア族とバッカニア族は自然な進化によって生まれた種族だとは考え難い気がするんですよね… バッカニア族は巨人族の血を引いているという事ですが、それは人間と巨人族のハーフであるという意味であると解釈します。 しかし、身体のサイズが10倍近い程にもかけ離れている人間と巨人族の血が混じるとは思えないですから、やはり血統因子の操作などにより人工的に生み出された種族であると言う可能性が高いと思われます。 また、ルナーリア族については、その特徴や体質からしても、絶対に自然に生まれた種族とは思えないですよね… やはり太古の昔に神の力に近いような科学力を持つ存在が多種多様な種族を生み出したような事があったのではないかと思えますし、そうでないとルナーリア族やバッカニア族のような種族が存在する理由を説明できないように思えます。 ベガパンクは実際に科学と化学を合わせたような高レベルの血統因子の操作により、ルナーリア族をベースにした『セラフィム』という新たな種族と言えるような最強人類を生み出していますし、太古の昔に青色の星に飛来したという月の民ならばベガパンクと同等以上の事が出来ただろうと思います。…