呪術廻戦

呪術廻戦244話感想考察|虎杖と日車の目的

呪術廻戦244話感想考察|宿儺を死刑に追い込む事!虎杖の力は? 呪術廻戦244話感想考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ジャンプ最新1号に掲載されていた呪術廻戦244話の内容に感想と考察をネタバレも含みますが、 呪術廻戦244話感想考察|日車による宿儺討伐の策   虎杖と日車の目的は宿儺を死刑に追い込む事!虎杖の力は? 甲塚 呪術廻戦第244話! 前回は高羽と羂索のお笑い道が描かれ、それに満足した高羽はおそらく死亡し羂索は耐え切るも乙骨に斬首されてしまいたが、自分の意思は受け継がれると言い残していました… 今回は第244話の内容と感想を書かせて頂きます!   日車による宿儺討伐の策 冒頭から、おそらく五条VS宿儺の前に行われていただろう戦略会議みいたなミーティング… そこで高羽の役割について説明されています。 やはり人を殺す事ができない高羽が羂索の隙を作り、乙骨が刺すというのが元々の作戦… そこに羂索がお笑い好きであるという要素が絡んで奇妙な友情?が生まれたりしたわけですが、この作戦は成功した後に乙骨が蜻蛉返りしてくれる事が必須だったようですが、そりゃあ乙骨は宿儺に控えなければならないわけですから当然ですよね! また、日下部は宿儺討伐は総力戦になるが参加者を決めないといけないという… 鹿紫雲は総力戦なのに参加者を決めるとはどういう意味かと尋ねますが、日下部は出ても瞬殺されるような者が出ても意味がない… 総力戦の末に羂索と宿儺がどちらか生き残るとか両方生き残るとか色々なパターンがありうるが、それでも術師なら数日は生き残れる可能性があり、今から犬死にする事はないという事なんでしょう……