ワンピース

古代兵器と月の壁画の三人の人物|ワンピース考察

古代兵器と月の壁画の三人の人物|ウラヌス、プルトン、ポセイドン? 古代兵器と月の壁画の三人の人物について〜ウラヌス、プルトン、ポセイドン?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では古代兵器の正体についての考察を 古代兵器と月の壁画の三人の人物|神の名を持つ意味は?   古代兵器と月の壁画の三人の人物について〜ウラヌス、プルトン、ポセイドン?〜 甲塚 世界を滅ぼす力を持つという三大古代兵器… マザーフレイムの正体が古代兵器ウラヌスであるのなら、その所在は全て判明した事になりますが、やはり月の文明に由来するものなんでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   神の名を持つ意味は? ネプチューン王はウラヌス、プルトン、ポセイドンの三大古代兵器は『神の名前を持つ』と言っていました… 過去にも色々と書かせて頂きましたが、現実世界ではその名前はギリシャ・ローマ神話の神の名前だとすぐに分かるわけですが、ONE PIECE世界の神話や伝説はほとんど語られていないですよね… ネプチューン王が神の名前だと言っているという事は、ONE PIECE世界にもウラヌス、プルトン、ポセイドンが神の名前であると分かる神話があるはず… つまり、ONE PIECE世界にはそれらの神々が人類と何らかの関わりを持つ存在であると語っている神話や伝説が語り継がれており、また、それはおそらく世界規模で共通する伝説なんだろうと思えます。…