ワンピース

魚人族やバッカニア族が差別と迫害に耐えた理由|ワンピース考察

魚人族やバッカニア族が差別と迫害に耐えた理由|数の力には勝てない? 魚人族やバッカニア族が差別と迫害に耐えた理由は?〜数の力には勝てない?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では人間以外の種族に対する差別や迫害についての考察を 魚人族やバッカニア族が差別と迫害に耐えた理由|差別と迫害を受けてきた種族   魚人族やバッカニア族が差別と迫害に耐えた理由は?〜数の力には勝てない?〜 甲塚 魚人族とバッカニア族は度を超えた差別と迫害を受けてきたようですが、人間以上の力を持つ彼らが抵抗してこなかった理由は? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   差別と迫害を受けてきた種族 ONE PIECE世界には非常に多くの種族が存在しますが、明確に差別と迫害を受けてきた種族が存在しますよね… 魚人族はフーズ・フーが『魚人の歴史は奴隷の歴史』というくらいに奴隷階級のように扱われてきたようですし、バッカニア族は大昔に罪を犯したという事で明確に奴隷階級とされてきたようです… ミンク族はズニーシャの背中に国を作り半ば鎖国のような状態にあったようですが、それは差別や迫害から逃れる為だった可能性が高いですし、ルナーリア族も差別と迫害の末に絶滅と言える状況にまで追い込まれたと思われます… おそらく、人間以上の能力を持ち、人間とかけ離れたような容姿を持つ種族が差別と迫害を受けてものと思われますが、何故、人間以上の力を持ちながら彼らはそれを甘んじて受けるような消極的な生き方をしてきたのでしょうか? 魚人族は人間の10倍の腕力を持つといいますし、実際、海上や海中では魚人族は無双できるでしょう… 彼らが人間と全面戦争するようなことは現実的な解決法ではないと思いますが、ゲリラ的な戦い方なら人間に脅威を感じさせる事はできたでしょうし、それは魚人族に関わらず他の種族も同じだったはず… 単に差別されているだけなら関係が険悪になるだけの話で種族の存続には問題ないかも知れないですが、奴隷にされたり虐殺されたりは別問題であり、実際そうやって多くの人間以外の種族は犠牲者を出しているでしょう……

ワンピース

エルバフはシャンクスのナワバリ?|ワンピース考察

エルバフはシャンクスのナワバリ?|赤髪が巨人族に慕われている理由 エルバフはシャンクスのナワバリなのか?赤髪が巨人族に慕われている理由は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではシャンクスとエルバフの関係についての考察を エルバフはシャンクスのナワバリ?|シャンクスを慕う巨人達   エルバフはシャンクスのナワバリなのか?赤髪が巨人族に慕われている理由は? 甲塚 シャンクスはエルバフの巨人族にかなり慕われ仲がいいようですが、エルバフはシャンクスのナワバリだったりするのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   シャンクスを慕う巨人達 シャンクスはワノ国での登場の後、エルバフの港に現れ、そこでかなり慕われているようでした。 シャンクスが立ち寄った港はゴア王国でところのフーシャ村みたいな辺境の町や村の港ではないかと思います。 酒場にはちょうどシャンクスと出会った頃のルフィのような巨人族の少年がいましたし、酒場もマキノさんに対応しているのか女性マスターでシャンクスを好意的に思っていそうでしたしね… おそらくそういうところなんじゃないかと思っているのですが、そこにはリトルガーデンでの百年間の決闘の日々に決着がついたのか巨兵海賊団の二人船長ドリーとブロギーも帰還し、かつての子分達と共にシャンクスと酒盛りしていたようです。 シャンクスとドリー&ブロギーは昔馴染みらしく、昔話をしながら盛り上がっていたようですが、どうやらお互い死んだものと思っていたらしい事から過去にそういう事件があったものと思われますが、ドリー&ブロギーは百年間リトルガーデンにいたはずですから、リトルガーデンで何かあったんでしょうね… ドリーとブロギーはエルバフでは英雄視されているようで、幼いハイルディンも二人に憧れていたようですが、シャンクスはその二人と兄弟分というくらいに仲がいいみたいですから、やはり、あの港だけでなくエルバフという国自体と関係良好である可能性が高いんじゃないかと思います。 また、巨兵海賊団もなんだか赤髪海賊団の傘下であるにも感じられます。 巨兵海賊団はエルバフが誇る英雄達なのですから、シャンクスの傘下という事であるなら、エルバフはシャンクスのナワバリになるのでしょうか?…

ワンピース

ワンピース1103話考察 |ボルサリーノにルフィ抹殺命令!?

ボルサリーノにルフィ抹殺命令!?|社畜を自称する黄猿の真意は? ボルサリーノにルフィ抹殺命令?〜社畜を自称する黄猿の真意は?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではボルサリーノとルフィの今後についての考察を ボルサリーノにルフィ抹殺命令!?|サターン聖は途中退場か?   ボルサリーノにルフィ抹殺命令?〜社畜を自称する黄猿の真意は?〜 甲塚 ワンピース第1103話ではエッグヘッドにくまが参戦しサターン聖と戦うような展開になるようですが、それならやはりルフィの相手はボルサリーノという事になるでしょうね… 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   サターン聖は途中退場か? 第1103話ではサターン聖がボニーを倒し、それを救うようにくまが現れてサターン聖と戦うような展開になるようです。 サターン聖は不思議な力によって、あのサンジすらも身動きできなくするという圧倒的な猛威を奮っていますから、もしかしたら、サカズキに簡単に撃退されてしまい、深傷を負っている今のくまがが勝てるような相手ではないかも知れない… しかし、サターン聖は自我を奪い威権チップで制御できるという状態にあるくまの暴走を恐れて自爆スイッチまでつけさせるという念の入れ方を見せており、サターン聖はやはり、くまを怖がっているのは間違いない… 何がそこまで怖いのかは分からないですが、やはりバッカニア族は何か五老星達にとって恐ろしい能力を持っていて、くまはこれまでそれを知らなかったか、敢えて使わなかったか、あるいは自我を失い初めて覚醒したか何かで、サターン聖はそういうものを怖がっているのかも知れない… それについては全く未知ですが、仮にサターン聖がくまと渡り合える力を持っているにしても何だかサターン聖は途中退場になりそうな気がします… くまが自爆する流れになるならサターン聖が道連れになる可能性は高いですが、どういう展開になろうと、サターン聖は何らダメージを受け過ぎ、後をボルサリーノに一任して魔法陣で退却しそうか気がします… サターン聖も死にたくないでしょうし、死ぬわけにもいかない、また、五老星として下々民に直接ダメージを与えられるというのはプライドも傷つくでしょうしね… また、ボルサリーノに任せるだけでなく、おそらくルフィとベガパンクを必ず消すようにと圧力をかけられそうな気がしますね……

ワンピース

ドール中将とSWORDとの関係|ワンピース考察

ドール中将とSWORDとの関係|G-14基地長はドレークの後任 ドール中将とSWORDとの関係は?G-14基地長はドレークの後任?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではドール中将とSWORDの関係についての考察を ドール中将とSWORDとの関係|ドール中将は上級中将?   ドール中将とSWORDとの関係は?G-14基地長はドレークの後任? 甲塚 G-14基地の基地長ドール中将は、おそらく重要な任務を任されるような存在だろうと思われますが、まだ実態がわからないですよね… 今回はドール中将について色々と書かせて頂きます!   ドール中将は上級中将? 海軍本部中将は武装色と見聞色の覇気を扱えると言うのが条件になっているようですが、その中でも実力にはかなり差があるように見えますよね… ガープやおつるさんは別格として、スモーカーは実力不足ながらもまだ中将らしい実力を持っていると見えますが、他のベテラン中将クラスが華々しい活躍をするような場面の記憶がほぼないんですよね… どちらかと言えば、世界徴兵組らしき現在エッグヘッドに参戦している中将達の方が強そうに見えます。 ドール中将もエッグヘッドに参戦しているわけですが、彼女は世界政府にとって機密事項そのものと言えるエッグヘッドから一番違い基地の基地長を任されている事からして本部から信頼されており、おそらく重要な任務を与えられるような中将らしい実力を持った人物だろうと思います。 個人的に中将級は中将らしい実力者を上級中将と呼び、そうでないものは単に中将と呼んでいるのですが、ドール中将は間違いなく上級中将だと思います。 ガープとも親しくしていたようですが、気になるのはG-14基地にSWORDの隊員達が集まっていた事です… プリンス・グルス少将、孔雀少将、ひばり中佐、ヘルメッポ少佐という4人が集まっており、ガープはその4人と部下達を連れてコビー救出のためにハチノスに乗り込んだわけですが、ドレークとその4人とコビーがSWORDの全員であるとしたら、ドール中将とG-14基地はやはりSWORDと関係が深そうですよね… また、ドレークは海軍時代にエッグヘッドに研究施設が建造される段階から関係していたようですが、ドレークの当時の階級は少将……

ワンピース

サターン聖の年齢は?38年前と姿が変わらない理由|ワンピース考察

サターン聖の年齢は?38年前と姿が変わらない理由|能力の影響 サターン聖の年齢は?38年前と姿が変わらない理由は?〜五老星も不老?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではサターン聖の姿が38年前と変わらない事についての考察を サターン聖の年齢は?38年前と姿が変わらない理由|38年前のサターン聖について   サターン聖の年齢は?38年前と姿が変わらない理由は?〜能力の影響?〜 甲塚 サターン聖は38年前と現在、姿が全く変わっていないように見えますが、今のところ何の説明もないですよね… 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   38年前のサターン聖について サターン聖は38年前、ゴッドバレー島で開催された先住民一掃大会に出席していたようですね… おそらく、観戦先住民一掃大会の観戦と、その優勝者や上位入賞者を表彰するような役目…所謂『公務』で出席していたのではないかと思います… しかし、そこでロックス海賊団の襲撃とロジャー海賊団の上陸と大きなトラブルが発生して島は混乱したわけですが、その最中に賞品である悪魔の実に手をつけた奴隷であり大会のラビットであるくまに報いを与える為に姿を現したわけですが、その際のサターン聖は現在と全く変わらない姿だったように見えます。 現在のサターン聖は見た感じ70代…いや80代くらいではありそうですが、38年前に同じ姿をしているのは、どう考えてもあり得ない事ですよね… 38年前のロジャー達やガーリング聖は明らかに若いわけですから、サターン聖だけ今より若く描かれたりしていないのは、明らかに意図的にそう描いているようにしか思えない… 38年前に80代くらいだったとして、今は100歳をはるかに超えているわけですが、そのくらいの年齢となると見た目にはあまり変わらないというような事もあったりするかも知れないですが、そう考えても、やはり意図的に今と変わらない姿で描いているようにしか思えない… だとしたら、おそらくオペオペの実の能力による不老手術をうけているらしきイム様と同じくサターン聖も不老ではないかと考えるのが自然だと思います。 過去にも色々と書かせて頂いていますが、サターン聖も不老だとしたら、他の五老星達四人も同様に不老であろうと思えるのですが、そんなに都合よく不老手術を受けられるものなんでしょうか?…

ワンピース

ワンピース1103話考察 |くまは今どんな状態にあるのか!?

くまは今どんな状態にあるのか!?|バッカニア族の血の秘密 くまは今どんな状態にあるのか!?バッカニア族の血の秘密とは?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では現在のくまの状態ついての考察を くまは今どんな状態にあるのか!?|自我喪失は間違いない?   くまは今どんな状態にあるのか!?バッカニア族の血の秘密とは? 甲塚 ワンピース第1103話ではマリージョアから消えたくまがエッグヘッドに現れる展開になるようですが… 自我を失っているはずのくまは今どんな状態なんでしょうね? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   自我喪失は間違いない? 第1103話では聖地マリージョアに現れたくまがエッグヘッドに現れるという展開になるようですが、くまは今どういう状態にあるのか非常に気になります! 第1102話ではベガパンクが自我を奪う機械のレバーをおろし、それによりくまは自我を喪失し『PX-0』になっていたようです… その際のベガパンクの号泣…というか慟哭の様を見るに、ベガパンクがくまの自我を消したのは間違いないように感じられます。 ベガパンクはボニーが父を元に戻せと言った際に『今はできない理由がある』ととれるような返事をしていましたから、もしかしたら、くまを元に戻す方法は存在するのかも知れないですが、だとしたらベガパンクの慟哭は芝居という事になるように思われますが、第1102話の内容からするに、そうとは思えない… くまは今、確実に自我を無くしている可能性が高いでしょう… 第1102話ではサターン聖がくまの暴走を恐れて自爆スイッチまでつけさせるという念の入れようでしたが、個人的に今のくまはサターン聖が恐れた『暴走』していると言える状態にあるのではないかと思います。 しかし、マリージョアではサカズキに敵わないと見るや逃走するという理性を見せており、暴走と言っても普通にイメージする暴走では無さそうな気がします……

ワンピース

ワンピース1103話以降考察 |カリブーが再びルフィを救う!?

カリブーが再びルフィを救う!?|ボニーとルフィの大食い競争の目撃者に? カリブーが再びルフィを救う!?ボニーとルフィの大食い競争の目撃者に?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では未来島編でのカリブーの活躍についての考察を カリブーが再びルフィを救う!?|まだ船の中にいるのか?   カリブーが再びルフィを救う!?ボニーとルフィの大食い競争の目撃者に? 甲塚 ルフィ達と共にエッグヘッドに上陸しているカリブーですが、彼は今一体どこにいて何をしているのか? またルフィを助けるような役所になるのでしょうか? ワンピース第1103話では誰かがルフィに食糧を与えてるようですが…? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   まだ船の中にいるのか? カリブーはワノ国でルフィ達の役に立つ代わりにどこかの島までサニー号に乗せてもらうと言う約束であり、その約束は果たされたわけですが、彼は樽の中に封印された船に乗せてもらっていたと言うか荷物として運搬され、気がついたら世界政府の島であるエッグヘッドに上陸と彼にとっては最悪の展開になり、ゾロに話が違うと文句を言うと、約束は果たしたわけだからここで船を降りていいと言われて何も言い返せず、『覚えてろ』と憤慨していたわけですが、そのシーン以来、全く登場していません… カリブーは無論、世界政府の島で降りるわけもなく、そのままサニー号に乗せてもらい、別の島で降りるつもりだと思いますから、おそらくサニー号の船内でそのまま樽に籠っている方が安全だと考えて、そうしているものと思えますが… しかし、樽の中に籠っていようとも、嫌でも外の様子はわかるでしょう… もしかしたら細かい事情までは分かっていないでしょうが、何故かCPや海軍が攻めてきて現在ルフィ達と交戦中だと言うくらいは把握しているはず… また、CPからはルッチ、海軍からは黄猿ボルサリーノ、また五老星までが島に来ている事も島内に響わたわるアナウンスで把握している可能性は高い… サニー号は一度ボルサリーノに破壊されそうになっていますからカリブーが船にいるなら気づいていないわけはないでしょう……

ワンピース

ミホークの異名『海兵狩り』の意味|ワンピース考察

ミホークの異名『海兵狩り』の意味|七武海に転じた理由 ミホークの異名『海兵狩り』の意味は?〜七武海に転じた理由は?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではミホークの異名の意味についての考察を ミホークの異名『海兵狩り』の意味|『鷹の目』という異名について   ミホークの異名『海兵狩り』の意味は?〜七武海に転じた理由は?〜   甲塚 ミホークには『鷹の目』以外に『海兵狩り』という異名があったようですが、その理由は詳しく語られていないですね… 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   『鷹の目』という異名について ミホークは初登場から『鷹の目のミホーク』だったわけですが、その由来というか理由はやはり特徴的なミホークの目にありそうですよね… しかし、頂上戦争においてルフィをターゲットにした際には、大勢の海賊と海兵達が乱戦している戦場の中で正確にルフィの位置と動きを掴み、的確に狙い撃ちするような描写があり、鷹の目の由来は優れた見聞色の覇気にありそうな雰囲気でもある… ミホークのライバルであるシャンクスはワノ国編終盤で、ワノ国近海の船上からワノ国本土で狼藉を働く緑牛アラマキの位置と言動すらも正確にキャッチし、覇王色の覇気を飛ばして威圧していましたが、おそらくミホークにも同じような事ができる可能性は高いと思います。 ミホークは35億超の懸賞金が示す通り四皇級の危険度ありと見られているようですから、やはり剣技だけでなく、最早超能力クラスの覇気の強さと優れた操作術を持っているのは間違いないと思いますが、個人的にミホークはウソップがドレスローザで見せたような透視能力をさらに磨いたような能力があるのではないかと思います。 本来なら絶対に見る事ができないような状況にあるようなものが見える… シャンクスは『見聞殺し』という技を身につけているようですが、ミホークにはそれが通用しないとか… また、もしかしたらミホークは霊能者のように幽霊のような存在すらも見えたりするのではないかとも思うんですよね……

ワンピース

ワンピース1103話考察 |サターン聖非道!人体実験はジニーとボニーだけではない!?

サターン聖非道!人体実験はジニーとボニーだけではない!?|トシトシの能力は実をたべずして発現 サターン聖非道!人体実験はジニーとボニーだけではない?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではサターン聖の人体実験についての考察を サターン聖非道!人体実験はジニーとボニーだけではない!?|青玉鱗発症の理由   サターン聖非道!人体実験はジニーとボニーだけではない? 甲塚 ワンピース第1103話では、サターン聖がジニーとボニーに人体実験をしていた事が明らかになるようですが、サターン聖はまさに悪魔かと思えます! 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   青玉鱗発症の理由 第1103話では、ボニーが自分でも知らない間にトシトシの実の能力者になっていた理由がサターン聖の口から明かされるようです。 ボニーの母ジニーは天竜人に攫われ妻にされていましたが、妻と言えども、やはり下々民は奴隷に過ぎないようで、ジニーはサターン聖の人体実験の実験体にされていたようです。 また、聖地マリージョアで生まれたボニーも同様だったようで、二人には『薬物』が投与されていたようです。 その薬物は悪魔の実…おそらく実から能力伝達に関わるようなエキスを抽出し作り出されたものであり、サターン聖は実を食べなくてもその薬物により人体に能力が備わるのかと言う実験を行っていたようです。 その結果、ジニーには能力は備わらなかったようですが、ボニーには備わり成功したようですが、その副作用として青玉鱗が発症したと言う感じみたいなんですよね… これはワノ国編での『スマイル』と似ているように思いますが、こんな人体実験に意味などあるのでしょうか? スマイルと同じく人為的・人工的に悪魔の実の能力者を生み出し量産型するような事を想定しての実験かも知れないですが、最初から安全性など微塵も考慮していないのは明白であり、おそらく理由も好奇心や興味本位というものであると考えて間違いないでしょう… また、この人体実験によりサターン聖は自然には生まれ得ないかも知れない青玉鱗という病気を生み出したという可能性もありますし、何より、サターン聖はくま、ジニー、ボニーの人生を滅茶苦茶にしている……