ワンピース

ワンピース1103話以降考察 |イム様はラフテルに何があるか知っている!?

イム様はラフテルに何があるか知っている!?|ラフテルこそ最大のタブー? イム様はラフテルに何があるか知っているのか?〜ラフテルこそ最大のタブー?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではイム様とラフテルについての考察を イム様はラフテルに何があるか知っている!?|ポーネグリフ研究禁止の理由について   イム様はラフテルに何があるか知っているのか?〜ラフテルこそ最大のタブー?〜 甲塚 世界政府はポーネグリフの研究を禁じる形でラフテルに行く事も禁じていますが、それはイム様の意思なんでしょうね… イム様はそこに何があるのか知っているのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   ポーネグリフ研究禁止の理由について 世界政府がポーネグリフの研究つまり古代文字の解読を禁じている理由は、オハラのバスターコールの理由やロビンが悪魔の子として指名手配された理由からするに、世界を滅ぼす力を持つ古代兵器の復活に繋がる恐れがあるという事なんでしょうね… ポーネグリフには実際に古代兵器の情報が書かれていたわけですから嘘ではないわけですが、ポーネグリフを解読しただけで古代兵器を手に入られるわけでもないですよね… ロジャー達はラフテルで空白の100年、古代兵器、Dの意味を知ったわけですが、やはりイム様達が一番恐れているのは、誰かがラフテルに到達する事ではないかと思います。 イム様達はすでに古代兵器らしきものを持っていますし、しらほし姫がポセイドンである事を知っているはずですよね… また、五老星達のワノ国に対する言動を見てもワノ国にプルトンがある事も知っている可能性が高いと思われます… しかし、それは数百年間変わらずそうだったわけで、今になって急に怖くなるようなものでもないと思います。 また、個人的な考えですが、古代兵器はそれが存在することについての意味と一緒になって初めて何らかの役割りを果たすようなものだと思え、ワノ国も無闇に使わないでしょうし、しらほし姫も同様でしょう……