ワンピース

ワンピース1102話考察 |ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?

ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?|親子とも解放の戦士? ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?〜親子とも解放の戦士?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではドラゴンとルフィについての考察を ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?|息子の成長ぶりを確認?   ドラゴンもルフィをニカだと知っているのか?〜親子とも解放の戦士?〜 甲塚 ワンピース第1102話では、ドラゴンがローグタウンにルフィの様子を見にいくシーンが描かれていましたが、ドラゴンもニカについて知っているのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   息子の成長ぶりを確認? 第1102話ではドラゴンはサボ達に理由も告げずローグタウンに行くと言って出かける姿が描かれましたが、その理由はやはりルフィとしか考えられないですよね… しかし、当時の本拠地であるバルティゴから東の海のローグタウンにまで行くにはかなりの距離があるのではないかと思います。 また、理由も告げず単独で行動するのは、やはり、くまに『子は弱点になる』という理由で家族の存在について話すのを拒否していたのと同じ理由だと思いますが、やはり息子の成長が気になったのでしょうか? 過去に、ドラゴンはルフィには自分の影響を与えずに、いい意味で何色々でもない何者でもない純粋なモンキー・D・ルフィとして成長して欲しいからこそ、手元に置いて育てず、また自分が父だと名乗り出る事もしなかったのではないかと思います。 ルフィは後にガープからドラゴンが父であると聞くまで自分に父親がいるという事も全く考えた事が無かったようですから、おそらくフーシャ村の人々もルフィの親については全く話したりしなかったのでしょうね… 12年前にゴア王国で見たルフィはまだ小さな子供だったわけで、やはり成長したルフィの姿を見たいと思うのは当たり前の感情だと思いますが、気になるのはドラゴンもルフィを何らか特別な存在であると認識しているらしきところですね… ドラゴンは数年くまと一緒にいたわけですし、くまはベガパンクにもニカについて話していますから、少なくともドラゴンとイワンコフあたりならニカの話を聞いていておかしくない… また、ドラゴンが12年前にルフィを見た際にはすでにゴムゴムの実の能力者だったわけですが……