ワンピース

ワンピース1102話以降考察 |ボニーと太陽の関係

ボニーと太陽の関係|巨大な王国の思想は太陽の思想? ボニーと太陽の関係について〜巨大な王国の思想は太陽の思想?〜についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではボニーと太陽の関係についての考察を ボニーと太陽の関係|太陽に嫌われた数年間   ボニーと太陽の関係について〜巨大な王国の思想は太陽の思想?〜 甲塚 ワンピース第1101話にて、ボニーは数年ぶりに太陽の光を浴び海に出たわけですが、そこには何か大きな意味があるような気がします。 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   太陽に嫌われた数年間 ボニーは5歳の時に母親と同じ青玉鱗という不治の難病を発症したわけですが、以後の4年以上、太陽に嫌われたと言えるような状況にありましたね… あらゆる自然光に反応してしまう為に自宅である教会から出られないボニーは同年代の子供達から『吸血鬼』と呼ばれていました… 吸血鬼は基本的に不死であり人間を遥かに上回る能力を持ちながらも日光にあたれば灰になってしまうというような存在ですが、夜には外を出歩く事ができる為に青玉鱗は月光でも反応してしまう為、それを発症していたボニーよりは幾分かマシ… あらゆる自然光は元が基本的に太陽の光なわけですから、やはり青玉鱗は太陽が天敵と言える事になると思うのですが、太陽の神ニカという存在が大好きであるくま親子にとってはあまりにも皮肉が過ぎますよね… タイヨウに憧れ地上に移住する夢を持ちながら深海を拠点に生きている魚人島民と似たようなところも感じますが、ボニーが太陽に嫌われるというか太陽の恩恵にあずかれない状態にあった事には何か大きな意味があるように感じられます… 太陽にはポジティブな印象があり、希望の象徴であるように思います。 実際に人は日光を浴びずに生活すると精神を病んでしまうという事も分かってきているようですから、やはり人には太陽が必要なわけですがそれができない状況は、今のONE PIECE世界の縮図であるように感じられます。…