ワンピース

ワンピース1100話考察 |エースが倒した七武海は誰?

エースが倒した七武海は誰?|世界政府の七武海に対する拘りの理由 エースが倒した七武海は誰?世界政府の七武海に対する拘りの理由は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではエースと七武海制度についての考察を エースが倒した七武海は誰?|王下七武海制度について   エースが倒した七武海は誰?世界政府の七武海に対する拘りの理由は? 甲塚 第1100話では火拳のエースが当時の七武海メンバーを一人倒したという話が出るようですが、倒されたのは一体誰なのか? 今回はそれについて色々と書かせて頂きます!   王下七武海制度について 現在はすでに廃止されている王下七武海制度は世界各地の海に跋扈する海賊達の取り締まりに対して世界政府が実施した苦肉の策… 毒を以て毒を制すという言葉そのままに、世界政府は選抜した強力な海賊達を世界政府公認の海賊とし、その首にかかっている懸賞金を撤廃し海賊行為を容認するという特権を与える代わりに海賊達の取り締まりに協力する義務を課すという協定関係を結ぶという制度ですね… 実際のところ、七武海に選ばれた海賊達は特権を利用して好きなように動いていただけというような状態だったようですね… 実際に七武海による海賊狩りは行われていたようですが、それは単に海賊同士の抗争であったりミホークのように暇つぶしに過ぎなかったりクロコダイルやドフラミンゴは何らか自分の利益になるような形でしか動いていなかったでしょう… モリアとハンコックは海賊狩りのような行動をしていたとは思えないですしね… ジンベエはおそらくそれなりの行動はしていたんじゃないかと思いますが、実際は四皇である白ひげの傘下だったわけですし… 唯一、協定に真面目だったのはくまだったかと思いますが、それは娘を人質を取られていたからだったようですし… 世界政府は七武海を制御できていなかったわけですが、その時点で、実質強力な海賊達に特権を与えているだけというような形になってしまっていて、それがアラバスタやドレスローザの事件の原因になってしまっていたという悪法だったわけですが、世界政府は何故かこの七武海制度に拘りがあったようですね……