ワンピース

ワンピース 1099 – Spoiler One Piece 1099

【確定】ワンピース1099話ネタバレ「平和を愛する者」 | ワンピース1099話の初期情報を入手しました。下にスクロールして読んでください!!! ワンピース1099話はベコリ王が海軍と共に帰還するところから始まり、彼は国の正当な王として世界政府の支援を受けています。 クマは単独でそれらすべてを破壊し、多くの要求を経て名ばかりの王になりましたが、実際には別の誰かが国を運営していました。 ボニーは誤って「トシトシ」という悪魔の実を食べてしまいました。 ベコリは再び生き残り、「暴君」クマに関する噂を広めた。 ベコリはソルベ王国とクマを攻撃し、すべてを破壊します。 その後、くまは「タイラント」という海賊団を結成。 ドラゴンはクマにベガパンクの場所(つまりエッグヘッド島)を教えます。 クマとボニーはベガパンクに会いにエッグヘッドへ向かう。 クマはボニーの治癒と引き換えに、クローン兵士プロジェクト(通称パシフィスタ)のプロトタイプになることに同意する。 ベガパンクはクマの「平和愛好家」の言葉に、プロジェクトの名前を「パシフィスタ」と決める。 一方、セイント・サターンはその会話を盗み聞きしていた。