ワンピース

ワンピース1099話ネタバレ!|パシフィスタが出来た経緯!

ワンピース1099話ネタバレ!|くまの暴君は世界政府の捏造!! ワンピース1099話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ジャンプ最新52号に掲載されていたワンピース1099話の内容に感想をネタバレも含みますが、 ワンピース1099話ネタバレ!|ソルベ王国を取り返し国王に ワンピース1099話は、くまが怒りの形相でゴミ王べコリの暴挙から民衆を救おうと奔走しているシーンからでした。 あたり前ですが、ソルベ王国の国民はべコリ王の復帰を猛反発。 しかしゴミクズべコリは民衆を4~5人撃ち殺せと理不尽極まりない命令を…。 そしてついにブチ切れたくまは、クズ王べコリをチェスト!! もうこれは手を出してはダメだとかいう以前の問題で、世の中にはクソゴミ相手の場合は武力制圧をやむなしといういい見本であるという事なのでしょうね。 腰抜けじゃ正義は語れないと、正しいことをするには強さも必要だとそういう事でしょう。 そして一人革命を起こしたくまは国民に後押しされやむなく教会に住んだまま国王となります。 しかし実質国政を担うのはブルドック先々代王らしく、あのゴミ王べコリが来る前の王らしいですね。 ベコリ王はもはや完全に狂人の様相となっている雰囲気ですが、彼を狂わせている原因は何かと考えると、やはり権力欲なんでしょうね… 彼は元々ドケチ王だったわけですが、そのドケチの理由は天竜人に気に入られる為、おそらく必要以上の天上金を納める為だったかと思えるのですが、天竜人に気に入られたいという理由は天竜人に近づくか、あわよくばヨークやステリー王と同じく天竜人の仲間入りをしたいという想いにあったように思えます… 天竜人になってしまえば、煩わしい政治をする必要もなく、誰の機嫌も伺う必要もなく、思うままに権力を振り翳し、何の心配もない裕福な暮らしができるわけですから、そうなりたいという想いを抱くのは理解できますが、その為に国民を犠牲にしようという性根は本当に狂っているとしか思えない… そもそも天竜人に近づきたいとか、天竜人になりたいという想いを持つ事自体、人間性を捨て去る事を意味していると思います。 ベコリ王は人間性というものには価値がないと思っている証拠であり、だからこそ他者を犠牲にしても全く心が痛まないのではないかと思います。 かつて人間宣言し天竜人の異端者となったホーミング聖とミョスガルド聖は天竜人でありながら、逆に人間性に尊い価値を見出したものと思われますが、何だか皮肉ですよね… 人間にとって一番大切なものは何かというのを見失った人間が支配者層にいるというのは世界を狂わせる最大の要因であるように感じられます……