ワンピース

ワンピース最終章考察 |ヘラクレスン先生の再登場は?

ヘラクレスン先生の再登場は?|エルバフの巨大樹に関係? ヘラクレスン先生の再登場は?エルバフの巨大樹に関係?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではヘラクレスンの再登場についての考察を ヘラクレスン先生の再登場は?|南の海出身の植物学者   ヘラクレスン先生の再登場は?エルバフの巨大樹に関係? 甲塚 ウソップの師匠であるヘラクレスンはシャボンディ諸島で麦わらの一味を送り出した後、扉絵でどこかに向かっている様子が描かれました…彼の再登場はいつになるのでしょうか? 今回はそれについて色々と書かせてます!   南の海出身の植物学者 ヘラクレスン…おそらく本名はヘラクレスなんでしょうが、ここではヘラクレスンと書かせて頂きます。 というか、ヘラクレスという名前さえ本名かどうか怪しい感じですが… 彼は現在51歳で南の海出身と公表されていますが、職業は植物学者であり、今から28年前に世界中の植物を調査研究する為に仲間達と一緒に海に出て、25年前にボーイン列島に到達し調査の為に上陸したようです。 その翌年には仲間全てを失い一人ぼっちになってしまったようですが、それでも調査研究を続け、ボーイン列島が巨大な食中植物である事やポップグリーンを武器として使い戦う術を確率するなどの活動をしてきたようです。 島に一人きりである彼が何故、顔と身体を隠すようなカブトムシ型の甲冑をつけているのかは謎ですが、森の勇者を自称している事から、おそらく彼なりのヒロイズムの現れではないかと思います。 彼は巨大昆虫達を下僕にしているようで、それに乗ってシャボンディ諸島に飛び、愛弟子ウソップと麦わらの一味の再出航を援護し送り出していますから、島からは普通に外出可能である事が示唆されていて、これまで島から出なかった事は彼の意思だったと思いますが、その理由については一切が不明… しかし、彼はシャボンディ諸島に姿を現した後、巨大カブトムシに乗ってどこかに移動しているんですよね… どうやらボーイン列島に帰っている途中ではなく、どこかに向かっているようですが、長らく自分の意思で島から出なかった彼は一体どこに向かっているのか…?…