ワンピース1098話ネタバレ!|ボニーはジニーと天竜人の子!

ワンピース1098話ネタバレ!|くまは革命軍を抜けジニーの父親に!


ワンピース1098話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではジャンプ最新50号に掲載されていたワンピース1089話の内容に感想をネタバレも含みますが、

ワンピース1098話ネタバレ!|革命軍の奮闘とジニーからの連絡

ワンピース1098話は南の海で革命軍が苦戦していてくまが奮戦すべく出向くシーンからでした。

ジニーが攫われた理由は天竜人の妻にされるからという理由がわかりどうやらそれ以来、くまは無茶をしてきたようですね。

そして2年後そのジニーから革命軍へ連絡が入り病気で間もなく死ぬ事実をくまも知るのでした。

くまは生きている間にジニーに会えないままジニーは死んでしまいます。

ジニーは以前から天竜人に狙われていたようですが、スタイル抜群の美人で人を明るく惹きつける魅力に溢れるというのは、やはり天竜人にとっても魅力的だったのでしょう…

しかし、過去にも書かせて頂きましたが、おそらくジニーと似たような感じで天竜人の夫や妻また奴隷にされているような人間は数多くいるでしょうね…

チャルロス聖がしらほし姫を欲しがっていたのも似たような感覚だったんじゃないかと思いますが、やはり天竜人達は下々民をモノのように考えている事が伺えますよね…

相手に感情があると考えていたなら、身勝手に攫って自分の妻にしようなんていう事を思いついたりはしないと思います。

そんな願望があったとしても、相手からも愛されないと夫婦として成立しないでしょうし、一方的な振る舞いはそんなものは必要ないと思っている証…

また、治らない不治の病にかかったからもう要らないというのは、天竜人の身勝手さをこれでもかと現していますよね…!

ジニーからの最後の通信…

気丈に明るく振る舞うジニーの様子には泣けてきますが、おそらくジニーは大好きで大好きで堪らないくまの声を聞きたかったし、ドラゴンとイワンコフに優しすぎるくまを守ってあげて欲しいと、それをどうしても伝えたかったのでしょう…

ジニーにとってくまは命の恩人でもあるわけですが、歳下のお人よしで心配な弟みたいな感覚もあったのではないかと思います。

くまにとってもあらゆる要素を持った大切な最愛の女性だったわけですから、病の事は別として天竜人はやはり許せないでしょう…!!

ジニーがかかっていた病は自然の光を浴びると青く石みたいに皮膚が固まる奇病のようで、ジニーは知らない間に産んでいた自分の子どもを動ける間に陽のあたる海を抜け安全な場所にたどり着くために無理をして命を失ったようです。

そしてジニーの子どものボニーは自分が育てると誓うくま。

ボニーを育てながらも革命軍の幹部として奮闘するくま。
革命軍にはすでに幼いサボもいて、くまが訓練してあげているシーンも。

そしてなんとボニーまでジニーが命を落とす原因となった奇病にかかってしまいくまは革命軍を抜けボニーのそばにいることを決心するのでした。

くまとボニーに血のつながりがない事は確定ということになったかと思いますが、何というか表現は難しいながらもジニーの子は二人の子という感じなんじゃないかと思います。

天竜人の子である事は否定できない事実だと思いますが、くまとジニーは結婚はしていなくても精神的には夫婦…それ以上のつながりがあるような関係だったと思います。

ですから、理屈は関係なくジニーの子はくまの子であり、自分はくまの父親…!

くまの子育ての様子を見るにそれをヒシヒシと感じさせられます。

しかし、ボニーには出生の真実を絶対に伝えるべきではないと考えていたと思います。

ですから、くまもベガパンクもボニーがくまの記憶を見る事を絶対に避けたかったのだと思うんですよね…

両親の人生をめちゃくちゃにした天竜人の血が自分の中に流れているなんて、耐え難い地獄だろうと、くまとベガパンクは思ったのでしょう…

しかも、ボニーの中身はまだ幼い女の子であるわけですから、余計にその心実を受け入れるのは難しいはずですからね…

しかし、ボニーはそれを知って慟哭はしていましたが、すぐに立ち直っているように見えますよね…

おそらく完全に立ち直れているわけではなく、天竜人に対する怒りが勝っているだけだと思うのですが、それにしても、やはりあの明るく逞しいジニーの娘である事を実感させられるようなメンタルの強さは感じさせられますよね!

ボニーも、くまからニカの伝説を聞かされていて、今はエッグヘッドで実際にニカと一緒に戦っているわけですが、ボニーがそれを知ったなら、ルフィをどういう風に見るようになるのでしょうか…?

そして現在からさかのぼること7年。
ボニーは5歳に。
どうやら元気に育っていますね。

しかし外に出れないので子供たちからは吸血鬼などと言われいじめられていますがボニーは強い子のようです。

くまはボニーに病気が治ったらどこに旅行に行きたいと聞きながら本当に優しい父親としてボニーを育てています。

しかし医師にボニーの病名が青玉麟という難病と知らされ10歳までしか生きられないと言うことを知らされるくま。
しかもそのことをボニーに聞かれていたくまはボニーに10歳になるまで治らないと嘘をつくのでした。

そしてさらに1年が経過し、ソルベ王国にあのゴミクズ王べコリ王が再びやってくるのでした!!

ベコリ王はソルベ王国の国王であるわけですが、自分の国を自分でめちゃくちゃにしている自覚はあるのでしょうか?

要らないものを切り捨てる…以前の南部に対する奴隷政策以上の直接的な手段を取ったようですが、国の足を引っ張る…というか自分にとって足手纏いだと思う人間を殺してしまおうなんて完全に常軌を逸しています…

要らないものを切り捨てても、ベコリ王の場合は欲望が際限なく膨らんでいくタイプでしょうから、切り捨ても切り捨ても満足する事なく最後には国民に見放され再び追放されるか、最後には全てを失ってしまうのだといく事に気づかないのか…?

しかも、自分が得た利益なんかも天竜人に吸い取られてしまうわけですから、本当に何ものこなくなる…

国民はついにベコリ王を人間ではないと判断して立ち上がる事を決意したのか、くまに助けてくれと懇願していましたが、おそらく、くまを先頭としてソルベ王国はベコリ王を倒すか再び追放し、二度と帰還できなきなくするでしょう…

その結果、くまがみんなから支持されて新たに国王になるのだと思いますが、それから先にもくまが暴君として国を追われるという展開が待っているはずですが、そこにはやはりサターン聖が直接絡んでくる事になるのではないかと思います…

世界政府にとって危険な思想を持つ者を世界政府加盟国の王にするわけにはいかないでしょうし、一体どんな卑怯な手を使ってくまを陥れるか…?

これまでくまを慕ってきた人々も、くまとボニーの敵になってしまうのでしょうか…?

ワンピース1098話はここまででしたが、1098話ではボニーの誕生の秘密やくまが実の父親では無かったこと。
そしてジニーが攫われた理由が天竜人の妻にされるためであったことなどが描かれていました。

くまが革命軍を抜け、ソルベ王国の王に至るまでの経緯もなんとなくわかりましたね。

1098話のラストではまたべコリ王がソルベ王国に戻ってきましたがおそらくは、くまが奮闘してそのままソルベ王国の王になるのではないでしょうか?

くまの過去編が始まり、天竜人や地上の王達の理不尽な振る舞いがクローズアップされていますが、やはりONE PIECE世界最強の力は権力であるというのを改めて感じさせられます…

民衆達がそれに対抗にするには武力に訴えるしかないわけですが、それを考えると、やはり魚人島のオトヒメ王妃は本当に凄い人ですよね…

天竜人は武力をもってしても根本的に変えられるような存在ではないと思えますが、オトヒメ王妃は当時は典型的な天竜人だったミョスガルド聖を説得し、魚人島民が地上に移住するのを後押しする意思がある事を書面に書かせ、彼が人間宣言し、下々民の味方につくようになるまでに変えたわけですからね…

過去にも書かせて頂きましたが、一体どんな事を話したのか非常に気になります!

ミョスガルド聖は天竜人の中でも比較的善良な性格だったという可能性は高いと思いますが、しかし、天竜人は元々下々民の話しなんか聞いてやる義務もないわけですから、数日に渡り対話してミョスガルド聖が『人間にしてもらった』というくらいですから、おそらく人間としての人権や道徳心について粘り強く話したのでしょう…

しかし、五老星や神の騎士団にはそんな事も通用しないんでしょうね…

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x