呪術廻戦

呪術廻戦246話感想考察|日車が宿儺を魅了!

呪術廻戦246話感想考察|五条に並ぶ才能の原石! 呪術廻戦246話感想考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 この記事ではジャンプ最新3,4号に掲載されていた呪術廻戦246話の内容に感想をネタバレも含みますが考察も交え、 呪術廻戦246話感想考察|没収失敗   日車が宿儺を魅了!五条に並ぶ才能の原石! 甲塚 呪術廻戦第246話! 前回は虎杖の三審で真犯人が宿儺であると言う流れになり、ジャッジマンは宿儺に没収と死刑の判決を下すという展開が描かれましたが… 今回は第246話の内容と感想を書かせて頂きます! 没収失敗 前回、ジャッジマンは宿儺に没収と死刑の判決を下し、宿儺は術式を没収され、日車は処刑人の剣を手にしたわけですが、没収は対象が呪具を携帯していた場合、呪具を優先して没収するシステムになっており、宿儺は呪具を没収されただけで術式は健在! それにより、日車と日下部は宿儺の斬撃を浴びる事になってしまった! 日車は斬撃により血を噴き出しながら、自分の戦闘経験の少なさがこの結果を招いてしまったと感じているようですが、宿儺はまだ、虎杖の中にいた時に日車の領域のルールは理解済みと言っていましたよね… 宿儺は確信犯的に判決を受け入れていたように見えますから、このシステムの抜け穴としてハナからこうなる事を理解していた可能性が高いと思われます。 戦闘経験というよりは、知力の差であるように感じられ、やはり宿儺は底知れない『強さ』を持っているとあらためて感じさせられますが… しかし、宿儺の斬撃はあの『世界を断つ斬撃』ではなかったようで日下部がシン・陰流の簡易領域で宿儺の術式を薄めた事により、2人ともに傷は浅く、致命傷には至らなかったようです! 宿儺はこの急襲に対応した虎杖を含む高専側術師達全員の基礎的な呪力強化術が著しく上がっていると感じているようです。 おそらく、これは意外に楽しませてくれるのではないかと感じているのでしょうが、まだ虎杖の力の正体は掴めていないようでもありますね… 日下部は一瞬死んだかと思ったようですが、何とか対応できた事により宿儺の全ての斬撃が世界を断つ斬撃ではないという事がわかったのは大きいと考えているようです。…

呪術廻戦

呪術廻戦244話感想考察|虎杖と日車の目的

呪術廻戦244話感想考察|宿儺を死刑に追い込む事!虎杖の力は? 呪術廻戦244話感想考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ジャンプ最新1号に掲載されていた呪術廻戦244話の内容に感想と考察をネタバレも含みますが、 呪術廻戦244話感想考察|日車による宿儺討伐の策   虎杖と日車の目的は宿儺を死刑に追い込む事!虎杖の力は? 甲塚 呪術廻戦第244話! 前回は高羽と羂索のお笑い道が描かれ、それに満足した高羽はおそらく死亡し羂索は耐え切るも乙骨に斬首されてしまいたが、自分の意思は受け継がれると言い残していました… 今回は第244話の内容と感想を書かせて頂きます!   日車による宿儺討伐の策 冒頭から、おそらく五条VS宿儺の前に行われていただろう戦略会議みいたなミーティング… そこで高羽の役割について説明されています。 やはり人を殺す事ができない高羽が羂索の隙を作り、乙骨が刺すというのが元々の作戦… そこに羂索がお笑い好きであるという要素が絡んで奇妙な友情?が生まれたりしたわけですが、この作戦は成功した後に乙骨が蜻蛉返りしてくれる事が必須だったようですが、そりゃあ乙骨は宿儺に控えなければならないわけですから当然ですよね! また、日下部は宿儺討伐は総力戦になるが参加者を決めないといけないという… 鹿紫雲は総力戦なのに参加者を決めるとはどういう意味かと尋ねますが、日下部は出ても瞬殺されるような者が出ても意味がない… 総力戦の末に羂索と宿儺がどちらか生き残るとか両方生き残るとか色々なパターンがありうるが、それでも術師なら数日は生き残れる可能性があり、今から犬死にする事はないという事なんでしょう……

呪術廻戦

呪術廻戦238話ネタバレ!|鹿紫雲逝く!

呪術廻戦238話ネタバレ!|虎杖と日車が宿儺と激突! 呪術廻戦238話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ジャンプ最新45号に掲載されていた呪術廻戦238話の内容に感想をネタバレも含みますが、 呪術廻戦238話ネタバレ!|完全無欠   鹿紫雲逝く!虎杖と日車が宿儺と激突! 甲塚 呪術廻戦第238話! 前回は鹿紫雲が術式を披露し、宿儺はついに真の姿を現すという展開が描かれましたが… 今回は第238話の内容と感想を書かせて頂きます!   完全無欠 鹿紫雲が術式を披露し宿儺を圧倒するような展開になりましたが、それに応えるように、面が気に入ったいたという伏黒の姿を捨て、ついに真の姿を現した宿儺…! おそらく鹿紫雲も対峙しているだけで気おされてしまうような心境かと思いますが、それでも冷静に宿儺の力の解析を始める… 二組ある腕は一組が掌印を結んでいても、もう一組は空手となり、心配に負担をかけず呪詞の詠唱を絶え間なく続ける事ができる… 腕と口が普通の人間の倍あるという事は、呪術師にとってこれ以上ない優位となっているが、宿儺はそれだけの異形の肉体でありながらも、一切の身体機能に支障をきたしている事はない… 呪術師として完全無欠と言える普通の人間ならば望んでも持ち得ぬの肉体を持つことが宿儺を最強たらしめる要素であるようですが、五条が宿儺に全力を出させてやる事ができなかったと申し訳なく感じていた意味が、この鹿紫雲による解析でよくわかってきますね… これが宿儺が全力を出せる完全体というものなんですね… 更に、この完全無欠の肉体に『神武解』と『飛天』、二つの呪具を使いこなし、宿儺は藤原北家直属の日月星進隊、五空将を殲滅し、天使を含む安倍家の精鋭と藤原家余党によって編成された捏漆鎮撫隊を退けているらしいですが、とにかく、この完全無欠の異形の肉体に呪具が加われば、宿儺は本当に完全無欠であり無敵であり最強なんだという事なんでしょうね……

呪術廻戦

呪術廻戦237話ネタバレ!|鹿紫雲VS宿儺!

呪術廻戦237話ネタバレ!|宿儺は変身してのモンスター対決に! 呪術廻戦237話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、呪術廻戦237話の内容に感想をネタバレも含みますが、 呪術廻戦237話ネタバレ!|氷塊から神武解   鹿紫雲VS宿儺は変身してのモンスター対決に! 甲塚 呪術廻戦第237話! 前回は最強の男・五条悟が宿儺に敗れ独りではない最期を迎えたわけですが、その直後からに鹿紫雲一が出陣という展開が描かれましたが… 今回は第237話の内容と感想を書かせて頂きます!   氷塊から神武解 五条悟の敗北と死が確認された時点で、他の術師達と交わしていたらしい約束の条件が満たされたのか、ついに念願の宿儺との闘いに臨めるようになった鹿紫雲一! 嬉々とした表情で待ち構える宿儺のもとに、まさに雷の如き速さで天翔ける鹿紫雲…! しかし、鹿紫雲は頭上に何かの気配を感じ空を見やれば、そこには超巨大な氷塊が…! 地上203メートルの位置から宿儺のもとへ跳躍した鹿紫雲の遙か上空から現れた超巨大な氷塊の上には宿儺につき従う凍星・裏梅の姿があった… やはり裏梅はどこからか宿儺が五条と戦う様子を見ていたのでしょうが、ここに来て裏梅が出てくるという事は宿儺は五条との闘いにはタイマンの拘りがあったが、他とはそれに拘らないという意思があると裏梅が察しているからでしょうし、やはり疲弊した宿儺に他の術師達が一斉に攻撃してくる事も予想しての事なんでしょうね… しかし、裏梅の参戦については術師達も予想していたはず… それを証明してか、氷塊に乗り高空から降下してくる裏梅の更に上から秤が姿を現す!…

呪術廻戦

呪術廻戦235話ネタバレ!|五条勝ち確!?

呪術廻戦235話ネタバレ!|虚式・茈の炸裂で魔虚羅消滅! 呪術廻戦235話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では呪術廻戦235話の内容に感想をネタバレも含みますが、 呪術廻戦235話ネタバレ!|二対一も五条優勢   虚式・茈の炸裂で魔虚羅消滅!五条勝ち確!? 甲塚 呪術廻戦第235話! 前回は、三対一という状況にも一歩も退かず、ついに蒼にて顎吐を粉砕した五条の底知れぬ強さが描かれましたが… 今回は第235話の内容と感想を書かせて頂きます!   二対一も五条優勢 非常に鬱陶しく面倒臭い存在だった顎吐… しかし、五条は圧倒的に不利な状況にありながらも、いとも簡単に顎吐を粉砕してしまった… 五条はそれによりボルテージが上がっているようですが、ボルテージが上がるというのは、つまりはノリノリだという事ですよね! 戦いに勝つというのは当然の思いであるわけですが、おそらくそれを超越した楽しさを感じているのではないでしょうか? まだ何か出してくるのか? 出すなら出してみろ? 何を出してきても全部ぶっ潰してやるからよ!…

呪術廻戦

呪術廻戦233話ネタバレ!|宿儺&魔虚羅+顎吐VS五条も薄ら笑いは消えず

呪術廻戦233話ネタバレ!|敗北の二文字よぎる 呪術廻戦233話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、呪術廻戦233話の内容に感想をネタバレも含みますが、 宿儺&魔虚羅+顎吐VS五条も薄ら笑いは消えず! 甲塚 呪術廻戦第233話! 前回ラストにて魔虚羅は適応を完了し五条にダメージを与えましたが、ついに五条も年貢の納め時なんでしょうか? 今回は第233話の内容と感想を書かせて頂きます! 敗北の二文字よぎる 魔虚羅は五条の不可侵に適応してしまった… また、五条は魔虚羅の一撃を受けてしまったわけですが、どうやら致命傷とまではいかず、ダメージは思ったよりも浅いようです… 虎杖はそれを見て適応されても条件がイーブンになっただけだし、五条ならすぐに傷を治せるはずだと希望的観測を口にします。 しかし、それを口にする虎杖の表情は言葉とは裏腹に不安に満ちているように見える… それに対して家入は明らかに傷の治りが遅くなっていると口にするが、それは虎杖にも感じられているようです。 五条は赫を撃てる以上は反転術式が使えなくなったわけではないが確実に出力は低下している… 家入はそれは脳にダメージがある宿儺も同じだなと、それが五条にとって致命的な不利でないとは付け加えるものの、やはり頭によぎるのは五条の敗北という可能性… 観戦している術師達の脳裏に、史上最強の呪い王・宿儺を相手にしても誰もがあり得ないと思っていた五条の敗北というフレーズが強く駆け巡る…! また、それは五条本人も同様であるようです! 伏黒甚爾に対して抱いて以来、久しぶりに頭をよぎる敗北と死の予感……