キングダム

キングダム781話確定速報!|司馬尚が圧倒的な武を披露!

キングダム781話確定速報!|田里弥の危機!信の攻城戦順調も… キングダム781話確定速報!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではキングダム第781話の確定速報を考察もまじえてネタバレも含みますが、 キングダム781話確定速報!|信と李牧   司馬尚が圧倒的な武を披露!田里弥の危機!信の攻城戦順調も… 甲塚 キングダム第781話確定速報! 前回は中央の戦いをメインに、李牧の思い通りにはさせじとばかりに奮戦する王翦軍の中で田里弥が本来の役割を演じようとしている様子が描かれましたが… 今回は第781話の確定速報を書かせて頂きます!   信と李牧 本格化に頭佐砦攻めを開始した信と1万の飛信隊…! 砦の門を破壊すべく破城槌が用意され、おそらく怪力自慢だろう兵達が直接のそれを抱えて門に突進したり、梯子が完成し、歩兵部隊がそれを使って壁を登ろうとしている様子が描かれるようですが、そこで干斗と士桃のやり取りがあるようです。 干斗は飛信隊の先輩として士桃を気にかけ乱暴な言葉ながらもアドバイスしようとするみたいですが、士桃は干斗よりも余程場慣れしているような感じで適当にあしらわれているという感じであるようで、干斗は完全に空回りしているという事になっているようです。 また、信達は実際に砦を攻め始めみても、やはり簡単に落とせるというような手応えを感じているようです。 李牧は脆弱に見える砦の壁の上に姿を晒し信を見下ろしているようですが、それを見上げる信は『待っていろ李牧』という感じで今のところは何も違和感は感じていない様子… 李牧が何を考え、何か罠を仕掛けたりしているのかは、まだ全く見えないようですが、信を本戦から引き離すという事には成功している… しかし、砦内では矢が足りないとかいう守るに苦しいような声が飛び交っているようで、やはりこのままいけば普通に攻め落とされてしまうというような状況にあるのも間違いないようです……

キングダム

キングダム781話展開予想考察|頭佐砦の罠の正体は?田里弥は亜光を救えるのか?

キングダム781話展開予想考察|王翦に秘策は? 頭佐砦の罠の正体は?田里弥は亜光を救えるのか?王翦に秘策は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではキングダム第781話以降の展開予想考察を キングダム781話展開予想考察|頭佐砦攻めは?李牧の罠は?   頭佐砦の罠の正体は?田里弥は亜光を救えるのか?王翦に秘策は? 甲塚 キングダム第781話以降展開予想! 第780話では全編中央の戦いの様子が描かれましたが、今のところ全て李牧の思惑通りというところですよね… 王翦はそれに気づいているのでしょうか? 今回は第780話以降の展開予想を書かせて頂きます!   頭佐砦攻めは?李牧の罠は? 信は頭佐砦に逃げ込んだ李牧を逆に追い詰めた状況になっていると判断して、頭佐砦を攻め落とし李牧を討とうとしているわけですが、それは河了貂でさえも気づけていない、李牧が最も厄介な存在であると見る信を本戦から遠ざけ釘付けにする為の罠… 信を釘付けにする事により、中央に布陣していた王賁と玉鳳隊をも秦右翼に移動させ釘付けにしているような状態であり、それだけでも秦軍にとってはかなり不利になり、罠として充分な効果があると思いますが、頭佐砦には更なる罠がある事が壁の口から語られていますよね… 確かに側から見れば突貫工事で作られた砦としか言えないような小さな城邑に逃げ込んだ李牧は追い詰められたと言える状況ですが、それも信が李牧の首を諦めない為に絶妙な加減に調整された信を逃がさない為の作りであるように思えますし、そこに信を討ち取れるような罠も用意されているはず… 過去にも色々と書かせて頂きましたが、頭佐砦はこの戦いで跡形も残らず壊れたとしても趙にとっては損失ゼロでしょうし、壁達捕虜に作らせた砦一つで信を討ち取れるなら安いものでしょう… 信を釘付けにするだけで完結している可能性もあるのでしょうが、あのまま攻められた落とされるでしょうし… 土塁の壁に何かを仕掛けているような気がしてならないのですが、壁が崩れたら終わりですしね……

キングダム

キングダム780話感想考察!|王翦軍の隠し玉は田里弥!

キングダム780話感想考察!|田里弥軍に強そうな三将在り! キングダム780話感想考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ヤングジャンプ最新53号に掲載されていたキングダム780話の内容に感想をネタバレも含みますが、 キングダム780話感想考察!|亜光軍ピンチ?倉央軍も動く キングダム780話は、依然亜光軍が全体の矢面に立たされているシーンの続きからでした。 亜光軍対楽彰軍の三万対三万にさらに二万の趙軍が投入される模様。 二万はカン・サロ軍二万のようですね。 豪気な亜光将軍をこれを迎え討つと強気に言い放ちます。 亜光軍の様子を見ながら倉央は亜光戦況不利と感じ何か手を打とうと考えますが、その前に王翦本陣から二万の援軍が亜光軍へ向かい動いているのを確認します。 倉央も王翦本陣が動いてくれたことにより自らの戦いに専念します。 倉央軍対ジ・アガ軍の戦いと亜光軍対カン・サロ軍、楽彰軍と言う図式。 青歌第一将のカン・サロの武勇も際立ちます。 一方倉央軍が相手するジ・アガ軍は…。 ジ・アガは純粋な武ではカン・サロ以上でしょうか?やられていく兵は殺されるというより壊されているようで化け物じみていますね。 倉央も強いと認めていますが、孟武級は言い過ぎではないでしょうか? そのジ・アガに糸凌が向かいます。 糸凌は意外にもジ・アガと五分の打ち合い。 倉央にとって糸凌は大事な人でもあるので、自分の直属の第一騎兵団もジ・アガにぶつけます。 そして後方で静観していた田里弥隊。…

キングダム

キングダム771話展開予想考察!|王翦による番吾陥落も速攻?既に李牧の罠に?

キングダム771話展開予想考察!|楊端和VS司馬尚? 王翦による番吾陥落も速攻?既に李牧の罠に?楊端和VS司馬尚?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では第771話以降の展開予想考察を キングダム771話展開予想考察!|両軍の成長と強化   王翦による番吾陥落も速攻?既に李牧の罠に?楊端和VS司馬尚? 甲塚 キングダム第771話以降展開予想! 前回は第二次趙北部攻略戦の陣容が明らかになりましたが、狼孟はたった一日で陥落という新生飛信隊の強さを感じさせる反面、嫌な予感しかない展開も描かれました… 今回は第771話以降の展開予想を書かせて頂きます! 両軍の成長と強化 秦は第一次趙北部攻略戦では大敗し、六将である桓騎とその一党、また、かなりの兵力を失っていますが、やはり大国であり失った兵力の補充は早かったですよね… 兵力の速やかな補充ができたという事は国力が充実しているという証ですし、新兵が多いはずですが、それを実戦に投入するわけですから、おそらくかなり厳しい訓練が課せられたと思います。 信の初陣のようにまともな練兵もなく戦場に投入されている可能性もあるでしょうが、準備期間はあったわけですし、飛信隊が冬場練兵を行ってきたように他でも同じような事は行われていたはずで、先のような大敗を繰り返さない為にも全くの素人に武器だけ持たせて送り込むような事はしていないと思います。 昌平君は北東軍の指揮が高いと言っていたようですから、北東軍は特に厳しい訓練を経て指揮を高めたのではないかと思います。 青歌軍が引き上げたとは言え、飛信隊と北東軍が一日で狼孟を陥落させたという事からも軍自体が強化されている事を感じさせられますし、戦場に出る度に成長する信達若手の成長もあるわけですから、秦軍全体が勝ち負けに拘らず戦う度に成長し強化されている事は間違いないでしょう… しかし、それは趙にも言える事であり、先の大敗に懲りず、短期間で準備を整えてきた秦軍は以前より手強くなっているという事も踏まえ、それ以上かも知れない練兵を行い準備してきただろうと思います。 また、李牧は先の戦に圧倒的勝利を飾ったわけですが、全く笑顔も何も無かった… おそらく秦が中華統一を諦めるか滅びるまで『勝ち』ではないというような意識を持っているんじゃないかと思いますが、そういう意識も全将兵が共有していそうな気がします。…

キングダム

キングダム770話展開予想考察!|狼孟は速攻で制圧?李牧と司馬尚は別行動?

キングダム770話展開予想考察!|松魁は松左の弟? 狼孟は速攻で制圧?李牧と司馬尚は別行動?松魁は松左の弟?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事ではキングダム770話展開予想考察を 狼孟は速攻で制圧?李牧と司馬尚は別行動?松魁は松左の弟? 甲塚 キングダム第770話以降展開予想! 前回は新生飛信隊の新戦力紹介と、ついに番吾の戦いがスタートし、信と飛信隊が狼孟攻めの中心になるというような事が描かれましたが… 今回は第770話以降の展開予想を書かせて頂きます!   狼孟は速攻で制圧? 信は三万規模となった飛信隊と北東軍を率いる狼孟制圧の司令官となり、城攻めに突入しましたが、青歌軍が引き上げているという状況から速攻で陥落させてしまうでしょうね… 今回の番吾の戦いでは、秦は狼孟と番吾を制圧すると史実にもあるようですし、今回の城攻めは先の大敗を経験した上で厳しい練兵に明け暮れてきた事、また新戦力が活躍する様子を描く事で飛信隊の強さがアピールされるようなエピソードになるのではないかと思います。 信と河了貂、また羌カイも同様だと思いますが、今回ほどの大軍を率いて戦う事は初めての経験ながらも、それだけ期待が大きいという事や、やはり六将の一席を手に入れるには十万規模の軍勢を手足のように操る力量も必要であり信が単なる猛将ではないという事をアピールする必要があるはずで、今回はその絶好のチャンス… 無論、信と河了貂と羌瘣 (きょうかい)だけではなく他の幹部クラスも今の階級以上の力を持っている事をアピールする必要があり、それについては崇原などの前線指揮官達が新たに加入した新戦力をどのように活躍させる事ができるかというのが注目ポイントになってくるでしょう… 信が大将軍になるなら、今の飛信隊幹部の中から将軍にまでなりうる人材が必要になってくるわけですからね… 羌瘣 (きょうかい)はすでに将軍を目指すつもりでおり、実力もあるわけですから、この先当たり前のように将軍になりそうですが、渕えんや楚水あたりも将軍になれる力量が必要でしょう… おそらく北東軍の将軍達がも舌を巻く活躍を見せるかと思いますが、おそらく信はまだまだこんなもんじゃないというスタンスを見せるかと思います。…

キングダム

キングダム769話ネタバレ!|新生飛信隊に新たな人材が続々加入!

キングダム769話ネタバレ!|飛信隊次の任務は狼孟攻め!! キングダム769話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ヤングジャンプ最新41号に掲載されていたキングダム769話の内容に感想をネタバレも含みますが、 キングダム769話ネタバレ!|飛信隊に加入した人材 キングダム769話は、新たに飛信隊に加わった人材の紹介からでした。 歩兵隊に加入した、士桃、衛斗、松魁。 皆一様にそれなりに強そうですが、松魁って…このビジュアル…松佐の弟? と思ってしまいますね。 そして騎馬隊には麃公兵の生き残りの面々が補充され、黒飛麃の隊長には満童という岳雷の元戦友らしき経験豊富な隊長が来てくれたようです。 そして那貴の穴には青石族の面々で補填。 隊長には義考が。 そして砂鬼一家も! 医術犯として十名もの砂鬼一家が加入!これは非常に大きいですね。 これだけの人材が新たに補充された新生飛信隊かなりの戦力アップが期待されます。 キングダム769話ネタバレ!|三万の将李信 そして秦国の趙北部攻略は再び開始されました。 今回の飛信隊は飛信隊五千に羌瘣の三千。 これにさらに補充される兵があるようですが…。 前の戦で狼孟軍に奇襲を受け西へ逃げかえっていった兵たちが相当数いるようで、その者たちが飛信隊へ補充されその数二万二千!…

キングダム

キングダム769話展開予想考察|司馬尚はどんな男?李牧との関係は?

キングダム769話展開予想考察|秦総大将は誰になる? 司馬尚はどんな男?李牧との関係は?秦総大将は誰になる?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では第769話以降の展開予想考察を キングダム769話展開予想考察|司馬尚は廉頗タイプか?   司馬尚はどんな男?李牧との関係は?秦総大将は誰になる? 甲塚 キングダム第769話以降展開予想! 前回から、物語はやはり史実にて秦国最大の大敗となる番吾の戦いに向けて動き始めたわけですが、一体どんなメンバーが戦う事になるのか? 今回は第769話以降の展開予想を書かせて頂きます!   司馬尚は廉頗タイプか? 番吾の戦いには、ついに司馬尚が参戦する事になるようですが、司馬尚はまだどんな男であるのか、よく分からない状況ですよね… 知勇兼備の名将であり、大柄のイケメンだというのは間違いないと思われますが、彼は元・趙三大天である廉頗に似ているような気がしますね… 廉頗は天才的な軍略家であり戦場でも無双レベルの武力を持つ怪物だったわけですが、愚かな王に反抗的だった為に最後には国を捨てて魏の客将になったわけですが、司馬尚も王からの召喚に対して病気を理由にして応えず反抗的な態度を現して青歌から動かず、青歌の為にのみ戦っていたような雰囲気ですから、おそらく愛国心はあっても王に忠誠を違うタイプではないでしょう… また、部下達からもかなり慕われているようですし、そこも廉頗と似たキャラクター性を感じさせますが、熱く猛々しく自信家という性格だった廉頗とは性格はかなり違いそうな気がしますね… また、おそらくは本能型のタイプで李牧には無いものを持っていそう… 無口で無表情だが、思考や判断は素早く思い立ったら即行動というようなタイプなんじゃないかと思いますね… また、何だか信が大将軍となるに目指すべき形が司馬尚という感じになるんじゃないかとも思います。…

キングダム

キングダム767話ネタバレ!|城戸村凱旋は尾平の婚礼!

キングダム767話ネタバレ!|原点回帰でさらなる飛躍へ キングダム767話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ヤングジャンプ最新37,38合併号に掲載されていたキングダム767話の内容に感想をネタバレも含みますが、 キングダム767話ネタバレ!|凱旋そして尾平の婚礼 キングダム767話は信と羌瘣と羌礼が信の故郷城戸村に到着するシーンからでした。 羌礼は城戸村を田舎とディスルるも落ち着いた感じが好きなようです。 そして三人が向かった先には…。 礼服のような服装の飛信隊の面々が居て…。 本日が結婚式である主役の尾平と新婦の東美ちゃんが居たのでした。 新郎尾平と信の対面で尾平は感極まっています。 飛信隊に大祝福を受ける新郎新婦。 羌瘣は五千人将だけあり高級そうな普段は戦場では着ないような女性らしい服装で別の意味で目立っています。 そして尾平の親父さんが…。 親父さんは尾平が飛信隊の一員であることをずっと疑っていましたが今日初めて本当だと信じたようですね。 しかし親父さん…アンタ…今やもう将軍の信にその扱いは斬首ものですよ普通なら…。 信は幼いころから世話になった後、迷惑をかけてきた面々と出会い懐かしそうに話しています。 そして親のいない信には立派になった姿を喜んでくれる親代わりでもあるのかもしれないですね。 信が奴隷であると知らない村の子どもたちからすれば自分たちの村の出身の英雄であるようで大人気のりしんしょーぐん。 そしてこの生意気なクソガキは?…

キングダム

キングダム767話展開予想考察!|城戸村では何が?尾平結婚か?

キングダム767話展開予想考察!|李斯と姚賈の今後は? 城戸村では何が?尾平結婚か?李斯と姚賈の今後は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では第767話以降の展開予想を キングダム767話展開予想考察!|尾平の結婚式?   城戸村では何が?尾平結婚か?李斯と姚賈の今後は? 甲塚 キングダム第767話以降展開予想! 前回は韓非子騒動の顛末、また李斯は姚賈の件を自分の胸中に治めて静かに友の死を悼む様子と城戸村で何かが起こり信が羌カイと城戸村に向かう様子が描かれましたが… 今回は第767話以降の展開予想を書かせて頂きます!   尾平の結婚式? 信の故郷、城戸村で何かが起こったようで信は羌カイを連れて城戸村へ向かうようですが… これは、ついに尾平が結婚するという事なんじゃないでしょうか!? 尾平には東美ちゃんという可愛い婚約者がおり、尾平が何らかの功績を上げたなら結婚するという事になっていたはずですが、尾平は百人長になっていますし、もしかしたら最近の功績で昇進した可能性もありますし、戦のない今が結婚のチャンスという事で、信と羌カイは尾平と東美の結婚式に招待されたのではないでしょうか? 他の何らかの事件ならば城戸村には関係ない羌カイを連れていく必要は無いわけですし、連れていくという事は飛信隊に関係ある事になりますし、雰囲気からして面倒事でもない様子ですから、城戸村で何があるかと考えるとそれしか連想できないですね… 尾平にとって二人は上司であり初陣から苦楽を共にしてきた家族同然の特別な存在ですから招待しないわけないでしょう… また、飛信隊全員を呼べるほど大きな結婚式も不可能でしょうから、一部の人間だけが呼ばれているのだと思いますが、そうだとしたら非常にめでたい事ですよね! 飛信隊には妻帯者も多くなっているでしょうが、飛信隊が結成されてから結婚するものは初めてじゃないかと思いますし、信も非常に喜んでいるでしょうが、尾平が結婚するなら、それはもしかしたら信と羌カイの関係を更に発展させる事になるかも?…

キングダム

キングダム766話ネタバレ!|韓非子事件に一応の幕

キングダム766話ネタバレ!|李信に羌瘣は城戸村へ キングダム766話ネタバレ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では、ヤングジャンプ最新36号に掲載されていたキングダム766話の内容に感想をネタバレも含みますが、 キングダム766話ネタバレ!|嬴政と秦国の対応 キングダム766話は韓非子の死で、秦国王宮内が騒がしくなっているとの報告を嬴政が受けているシーンからでした。 李斯は結局、姚賈に言われたまま姚賈は何の関与もせずに韓非子が手違いで獄に入れられ服毒死したとの報告をしたようで、嬴政も韓非子が秦に仕える人間では無かったのに李斯が関与しているわけがないと李斯関与説は全否定。 そして今後の韓への対応のために昌平君を呼ぶことに。 一方、李斯と姚賈サイドでは姚賈が自分の提案を聞き入れてくれた李斯へ謝辞を述べていました。 しかし李斯は姚賈の事を疎ましく思っているようで今後も姚賈には疑念を持った目で見ていくと断言。 姚賈ももともと李斯様はそういう方だと当たり前のような口ぶりです。 そして最後に韓非子の事を謝罪して去っていく姚賈。 その後李斯は韓非子の事を思いながら自宅で酒を飲んでいました。 李斯は奥様と酒を酌み交わしながら韓非子とは本当に友であったと告げ、その死を悲しみ韓非子の思い出を奥様に語っているのでした。 そして偉大な法家であった韓非子の思いの火を自分は継いでいきたいと奥様に誓うのでした。 李斯の奥様も李斯ならできると優しい言葉をかけています。 そして間もなくして、韓非子の死は咸陽の外にまで広がり、それは勿論、韓王都にも…。 韓には秦から正式に詫びの金品や韓非子が死に至った理由なども届いており、韓は怒りを前面に押し出すことはせずに詫びを受け取るという対応をとるのでした。 韓非子はその後、彼が残した書物『韓非子』が現在まで組織づくりの参考にされているくらいの偉人であったのです。 そして久々の李信。…